読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

期待しないブログ

science, sociality, electronic music, keiba, lifehack

2017 牡馬クラシック

競馬

本命不在

スプリングSで2歳王者サトノアレスが敗れたことによって、さらに混沌としてきました。混沌感の原因は、大物感をかもしだす馬が見当たらないことにあります。

近年でいうと、京成杯弥生賞を連勝したマイネルチャールズが1番人気となった2007年、朝日杯を敗れたものの弥生賞を勝って巻き返したサダムパテックが1番人気となった2011年のような空気です。

しかしながら、2007年はディープスカイNHKマイルとダービーの変則2冠を、2011年は皐月賞で4番人気だったオルフェーヴルが見事にクラシック3冠をとったように、遅れてきた大物がいる可能性は十分にあります。今年はソウルスターリングファンディーナウオッカするパターンかもしれませんが。

有力馬

  1. レイデオロ
    3戦無敗、祖母がディープインパクトの半姉のレディブロンドという良血馬で、本命はこの馬でしょうか。サンデーの血が入っておらずぜひキンカメの後継種牡馬となってほしいところですが、ここ5年間の1-3着馬はすべてサンデーの血が入っています。しかし、さかのぼっていくと7年前に3着したのちのダービー馬エイシンフラッシュは父キングマンボ系ですし、母父は昨年のディーマジェスティをはじめとして皐月賞とは相性がいいロベルト系です。不安点としては、G2昇格したホープフルS組がさっぱりなこと、さらにホープフルSからのぶっつけで、藤沢調教師が皐月賞にどれだけ照準を合わせているのか不透明なところです。
  2. カデナ
    ディープ×フレンチというニックスに加え、ラジオN杯から弥生賞を連勝ということでとくに文句のつけようがないように思うのですが、残念なまでにレース内容がパッとしません。弥生賞は1番人気で勝ったにもかかわらず、レース後には史上最低の弥生賞、とも言われました。また百日草特別では有力牝馬のアドマイヤミヤビに敗れています。ここからもう一段のギアを見せられるかどうか、といったところでしょうか。

  3. スワーヴリチャード
    おそらく人気的にはレイデオロとカデナに拮抗するところまでいくのではないでしょうか。大物感としては上の2頭よりも高く評価する人も多いかもしれません。血統的にもハーツにアメリカ血統の組み合わせは、これまでのハーツ産有力馬にあてはまります。若葉Sを勝ったアダムバローズも同配合です。

  4. ペルシアンナイト
    マイル路線からの参戦ながら、これまで5戦とも断然の人気を集めてきて、前走の勝ちっぷりも鮮やかでした。ハービンジャーゴールドアリュールの全妹という血統をどう考えるかですが、父ハービンジャーベルーフプロフェット京成杯を制しているように、中山2000は実績があります。あとはニキーヤの系列で芝の重賞勝ちはこの馬がはじめて、というところですが、この馬にはハービンラインの継承を期待してしまいます。

  5. ウインブライト
    マイネル系統であまり人気はしなさそうですが、父ステゴというとやはり期待してしまいます。母父アドマイヤコジーンというところでも人気を落としそうですが、母父バクシンオーが長距離王道を制覇する時代ですので、あまり気にしないでもいいかもしれません。人気の程度によっては本命にしたい1頭です。

  6. クリンチャー
    台風の目となりそうなのはコイツでしょうか。父ディープスカイは見事なコケっぷりながらダート種牡馬として巻き返してきました。この馬は低評価ながら未勝利、OPと連勝で皐月賞出走が見えてきました。母父BTということでも期待できます。クラシックのどこかで馬券にからんでほしいです。

「考える力」の必要性

news.yahoo.co.jp

教育とは

新明解国語辞典によると

一般的な知識や技能の習得、社会人としての人間形成などを目的として行われる訓練。

とあります。

ゆとり教育」は、前者から後者への移行でしたが、これからは両者の配分を、教員自ら「考える」ことが求められてきています。

考える力

人間は考える葦である、ともいわれます。しかし、人間にとって「考える」という行為は自然なものではありません。ほとんどの人が感情で動いています。「考える」というものが人間に元来そなわっているなら、そのための教育も必要ありません。しかし、一定レベル以上の知能をもった人間は、みな「考える」人間になるポテンシャルをもっています。決して有能な人間だけがもちうる能力ではありません。逆説的なことに、もともと優秀な人ほど、とくに考えなくてもなんとかなってしまうので、意外と「考える力」は高くありません。

考える必要がある人

じつは「考える力」とは、自力では劣るがなんとか自力で勝る強者に負けずに生き延びたい、という人たちが手にしうる武器とも考えられます。ところが、人間は依然として感情優位な生きものです。「考える力」はときとして、それまで平穏に暮らしていた人々を、競争社会へ送り出す起爆剤ともなります。はたして、義務教育レベルで「考える力」を習得し、強者に立ち向かわなければならないんでしょうか。別に「考える力」をつけなくても、ごくふつうに生きていける世界を構築するほうが、トータルとして幸福度は増すのではないでしょうか。

格差社会

今の世の中では、いわゆる「勝ち組」「負け組」のようなレッテル感が強くあります。しかし、皆が考える力をつけて勝ち組を目指すことが、はたして望ましいのでしょうか。考える力をつけた管理者階級と考える力をつけていない労働者階級がいて、両者が平和に生きていく世界というのは実現不可能なんでしょうか。考える力をつけて管理者階級になれる、もしくは管理者階級から労働者階級へ変わったからといって社会的に差別を受けるわけではない、という道すじだけちゃんと残しておけば十分じゃないでしょうか。

弥生賞/大阪城S

競馬

買い目

弥生賞

馬連ボックス
03 グローブシアター
05 サトノマックス
07 コマノインパルス
10 マイスタイル
各100円

2勝馬なのに人気がないマイスタイルで

大阪城S

単勝
03 レコンダイト 200円

複勝
03 レコンダイト 500円

ワイドボックス
02 アスカビレン
03 レコンダイト
10 プロフェット
各100円

かれこれしばらくレコンダイトを買い続けているが、そろそろきてほしい

「最近の若者は」という言説

社会

最近の若者は「バックアップを取る」という意識がない? - ITmedia Mobile

若者はたたかれる

いつの時代であっても「最近の若者は…」という大人たちは存在します。「若者の◯◯離れ」とかも挙げていけばキリがありません。若者は常に経験値弱者であり、また大人たちとは異なる価値観をもつ存在です。そのような若者をおとしめるロジックはいくらでも成り立ちます。嬉々としてお説教を始める大人たちはたくさんいます。

価値観の分断

経験値強者として、つまづきがちな若者をサポートしてあげることは大人の役目です。しかし、サポートという名の善意の押し付けとなった場合、一方的な価値観の強制、あるいは先回りした問題解決をしてしまい、大人・若者間の精神的断絶や、結果的に若者を無力化してしまうことにつながります。

若者論の問題点

若者論はその多くが、これまで大人たちが当然と思っていた価値観が通用しないことへのいらだち、わかりえない他者への否定的なレッテルづけ、あるいは大人たちはちゃんとわかっているが若者はなにもわかっていない、というような自己正当化の方便として用いられます。そこにお互いの意思疎通や、若者を後ろ支えしてあげたい、というような気持ちが含まれていることは少ないように思います。

現場では

職場では「上司と若手社員」、学校では「教員と学生」がその構図にあたります。典型的なケースでは、大人(上司・教員)は若者(若手社員・学生)の無能さにレッテルを張り、ときにパワハラアカハラとよばれる状態にいたります。逆に若者はそんな大人たちを、自己の存在を脅かして攻撃してくる存在とみなし、境界線を引きます。これに耐えられなくなった人は、出社拒否・不登校にいたります。

もちろん、上下間の信頼が健全に構築され、よき師弟関係のようになる場合も多いと思います。

コーチングという発想

最近「コーチング」に関するセミナーを受けました。そこで印象的だったのが、上下関係づくりには4つのステップがあるということです。

  1. 嫌われない
    相手に自己を傷つける存在でないことを認識してもらう
  2. 理解者
    相手に自己を理解してくれる存在であることを認識してもらう
  3. 専門家
    1, 2の条件を満たす他者からの意見であれば受け入れることができる
  4. 協調者
    自立しはじめた相手を適切なタイミングでサポートする

上下関係における軋れきの原因となるのは、1, 2のフェーズをすっとばして3の立場から相手に意見しまくったあげく拒絶されることにあるように思います。

個人の尊重

上下関係の中で最も因果が深いのは親子関係だと思います。子どもにとって親は絶対神であり、親も子どもを意のままにコントロールしようとする傾向があります。

日本のように総中流、みんなが同じであることが理想とされる(されていた)社会においては個人の年齢、経験値、能力、価値観等の違いにかかわらず、まずそのような個人の存在を受容し、そこからお互いがお互いの良き理解者となるためのステップを踏んでいく必要があります。

とても骨の折れることですが、「コミュニケーション能力」というものが現代社会でもっとも重要であるならば、避けることができない課題です。

Oval

音楽

bandcampで全18アルバムセットを買いました

oval.bandcamp.com

まずは伝説のDo Whileを聞きます

「逃げ恥」にみる男女関係のあり方

社会

逃げるは恥だが役に立つ」通称:逃げ恥

昨年、恋ダンスなどと相まって大ヒットしました。

ところで、今から6, 7年まえに「モテキ」という作品もかなりのヒットをとばしました。

両者の共通点は「童貞(恋愛弱者)を標的としたラブコメ」だということです。

「逃げ恥」と「モテキ」における恋愛弱者

両作品の主人公を比較してみます。

「逃げ恥」
津崎平匡(キャスト:星野源)35歳。以下、ドラマ版のキャスト説明

IT 社に勤める地味なサラリーマン。京大卒。
性格は超真面目で曲がった事が大嫌い。35年間、彼女がいたことがない 「プロの独身」 であると自負している。
潔癖症なため、家事手伝いで来たみくりに細かい注文をつける。
人に家にいられたり、構われたりするのが好きではないが 「距離感をわきまえているし、仕事と割り切っている」 ところが自分にとっては好都合とみくりの勤務態度を気に入っていた。
そんな矢先、みくりの両親の引越しのために仕事を辞めることを告げられる。しかし、最後の勤務の日に意外な提案を受けることに…

 「モテキ
藤本幸世(キャスト:森山未來)31歳。以下、映画版のキャスト説明

恋にヘタレなサブカル好きの草食系男子(セカンド童貞)。対人スキルなし。お呼びがかからない派遣社員だったが、ひょうんなきっかけからニュースサイト制作会社にライターとして就職。突然訪れたモテキと魅力的な4人の女子…これまでけいけんしたことのなかった”本当の恋愛”を今度こそ?

両者とも恋愛弱者であることは共通しています。しかし「モテキ」では恋愛市場に参加しつつも恋が実らない、いわゆる「非モテ」という立場から、「逃げ恥」では高学歴エリートかつ恋愛市場への参入に価値を見出していない存在、として描かれています。

ところが両恋愛弱者は、恋愛市場での経験がある(モテキではかつ経験値が高い)女性(たち)からいいようにもてあそばれます。この翻弄されっぷりが、恋愛市場参入組にはユーモラスなものとして受け取られます。かくいう恋愛弱者組も、もしこんなことがあったらなあ…というフィクションとしての共感を得ます。こうして童貞ラブコメは、いつの時代もヒットメーカーとなるポテンシャルをもちます。

また、両作品の文化系サブカル層への希求力の高さはいうまでもありません。

モテキ」から「逃げ恥」への変化

「逃げ恥」が画期的であった点は、童貞(非モテ)が苦手とする他者との距離感のとり方を、ビジネスライクにシステム(仕組み)化していることにあります。本来、感情のみで物ごとが動いていた男女関係に、合理的な概念が導入されています。相手がガッキーであることを除けば、これはそこまで非現実的なことではないかも?と思った(高学歴)独身層も多いはずです。

「逃げ恥」がここまで多くの支持を集めたことは、単なる話題性だけにとどまらないと思います。そこに「男女関係」あるいは「家族」というものにたいする新たな価値観・希望を見出すことができます。

最後に断っておきますが、両原作とも大ファンです。

阪急杯

競馬

買い目

単勝
09 メドウラーク 100円
10 テイエムタイホー 100円

馬連
05 ロサギガンティア-09 メドウラーク 100円
05 ロサギガンティア-10 テイエムタイホー 100円

ワイド
09 メドウラーク-10 テイエムタイホー 100円

距離短縮で悪くないメドウラークと阪神得意のテイエムタイホーでちょろっと遊ぶ